>

自分の目的に合う方を選択

熱を加えるかどうか

基本的に縮毛矯正もストレートパーマも、同じ薬剤を使って施術が進みます。
ストレートパーマは1つ目の薬剤で髪の毛を柔らかくし、2つ目の薬剤でハリのある状態に戻します。
縮毛矯正では1つ目と2つ目の薬剤の間に、ヘアアイロンで熱を加えます。
熱の力を利用することで、曲がっていた髪の毛もまっすぐになるという仕組みです。

髪の毛に悩みを抱えている人は、美容院へ行くことをおすすめします。
普段は自宅でヘアアイロンを使い髪の毛をまっすぐにしていた人がいるでしょうが、夕方には効果がなくなると思います。
またうまく髪の毛をセットできなくて、出かける準備に時間が掛かったり、ストレスを感じたりしている人もプロから施術を受けましょう。

癖毛を何とかしたい人

人間の髪の毛には、それぞれ個性があります。
しかし地毛に癖がついていることを、気にする人がいるでしょう。
そのような人は、縮毛矯正で癖を取るのが良い方法です。
きちんと美容院で施術を受けると、綺麗なストレートヘアーに生まれ変わります。
しかしストレートパーマは、そのようなことを目的にしていません。

パーマをかけた人が、パーマを落とす時に使うのがストレートパーマになります。
地毛に癖がついている人がストレートパーマをしても、期待した効果を得られないことが多いので注意してください。
自分の髪の毛の状態や、目的に合わせて適切な方法を選択しましょう。
わからない人は美容院のスタッフに聞くと、ふさわしい方を紹介してもらえます。


この記事をシェアする